CARB fine

CARBとは、California Air Resources Board (カリフォルニア エア リソース ボード)の略です。この団体はカリフォルニアの空気を健康な質に保つ事を任務としています。

遂に、タッカーロッキーもCARBに反則金を支払う事になりそうです。その金額は$500,000!理由としては、カリフォルニア州に、もしくはカリフォルニア州で大気汚染を引き起こしてしまうバイクパーツを業務販売したと言う事です。

どのようなパーツが対象になったかと言いますと、給排気系パーツ(エキゾースト、EFIコントローラー、他)となります。分かり易い例ですと、そのパーツを取り付けした事により、車両から大気放出される気体、排気ガス濃度に影響を及ぼす物です。
カリフォルニア州での販売を認められていない商品は基本的に全てNGとなります。タッカーロッキーの業務はディストリビュータ(卸)ですので、殆どの商品は取引先メーカーから仕入れ、販売した物ですが、恐らく、販売者責任と言う事で、反則金$500,000となったようです。

ここ最近、アフターマーケットパーツマニュファクチュアですと、Vance & Hines、Akrapovic Americaが反則金を支払っています。
メーカーですと、ヤマハ、スズキは桁違いの反則金を請求されています。