プロテーパートラッカーバーサイズ測定

1991年の創業以来多くのライダーに愛用され、多くのレースシーンで成績を出しているプロテーパー。最近ではインディンのダートトラックレーサーFTRの2017年AFTツインチャンピオンに輝いたジャレッドミーズが使用しています。

ハーレー用プロテーパーバーのトラッカーバーを測定しました。
39ミリトリプルツリーにコネリーズ旧デザインの9インチモンスターライザーを取りつけ、ハンドルはグリップ部分が地面の水平になるように取り付けしています。
ハンドルデザインはアウトロー、TT、ミラーの3種類になります。

アウトローバー *高さの有るライザーとの相性が一番良い立ち上がりの少ないハンドル
幅:79センチ
プルバック:9センチ
立ち上り:5センチ

TTバー *ライザーの高さを選ばない程よい立ち上りがきれいなハンドル
幅:79センチ
プルバック:13センチ
立ち上り:6.5センチ

ミラーバー *立ち上りもプルバックも十分有る快適なポジションのハンドル
幅:75センチ
プルバック:21センチ
立ち上り:8センチ

**各サイズの測定方法は下記の通りになります。
:左右バーエンドからバーエンドまでの直線距離

プルバック:左右のグリップエンドを壁に付け、
壁からライザーを取り付けるハンドルセンターまでの直線距離

立ち上り:ハンドルを地面に置き、
グリップ部分を地面と水平にした時の地面からグリップ部分までの直線距離

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。